小田原市 多重債務 弁護士 司法書士

小田原市在住の方が借金返済の悩み相談をするならここ!

お金や借金の悩み

小田原市で借金・債務などお金の悩みを相談する場合、どこがいいのか決めかねているのでは?
せっかく相談するなら、優秀な弁護士・司法書士がいる法務事務所・法律事務所を選びたいもの。
このサイトでは、ネットで無料相談出来る、お勧めの法律事務所や法務事務所を紹介しています。
もちろん小田原市の人もOKですし、相談は無料でできるので安心です。
直接相談をいきなりするのはちょっと不安、とりう人にもおすすめです。
借金返済・多重債務のことで困っているなら、まず弁護士・司法書士に相談して、最善策を探しましょう!

小田原市在住の人が借金・多重債務の相談をするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

小田原市の多重債務・借金返済の悩み相談なら、こちらがおすすめ。
弁護士が対応してくれる、全国対応の弁護士事務所。
初期費用が無料だから、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士料金の支払は、分割払いもOK。
弁護士への相談料ももちろん無料!
借金督促のSTOPも可能。
任意整理、過払い金、自己破産、個人再生、など、債務・借金の悩みについて無料相談できます。。
しかも、窓口では24時間365日、いつでも受け付けしてくれます。
フリーダイヤル(電話代0円)で相談受付できるので、借金返済で悩んでいる人も今スグ電話受付が可能です。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK☆



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(女性にオススメ!)
全国対応の、債務や過払いの悩みを相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたにピッタリのやり方で借金や多重債務の問題を解決していきます。
それと、過払い金の請求は初期費用0円、取り戻した過払い金から料金を支払えます。
任意整理においても、減額報酬や和解成功報酬などは一切支払わなくてよいので、おトクに解決が可能です。
債権者の数が1、2件でも対応してくれるのもありがたいです。
女性スタッフ対応の、女性専用の相談窓口(借金返済相談)も用意されているので、女性の方も安心して相談できます。
まずは無料相談から。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応する、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

小田原市在住の方が借金・債務整理の相談をするならまず、これもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、ネット上の診断ツールです。
簡単な3つの質問に答えるだけで、どうやって借金を減らすかの方法や、毎月の返済額がいくらになるのかなどが分かります。
いきなり弁護士や司法書士に直接相談するのは、ちょっと怖い。
そんな人にピッタリです。
しかも匿名&無料で使えます☆
全国に対応のサービスなので、小田原市に住んでいる人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすかが分かる!
  • 毎月の返済金額がいくらになるのか分かる!
  • 無料・匿名で利用できる!
  • 全国対応!
借金解決のための第一歩として、無料診断ツールを試してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
借金の相談と診断を、無料&匿名で。



弁護士へ相談前の注意



小田原市近くの他の法律事務所・法務事務所を紹介

小田原市には他にも法律事務所・法務事務所があります。参考にしてみてください。


●高橋晉司法書士事務所
神奈川県小田原市本町1丁目6-19
0465-22-8488

●露木高雄司法書士事務所
神奈川県小田原市栄町2丁目13-11
0465-24-1383

●小田原法務司法書士事務所
神奈川県小田原市栄町1丁目14-10 HM-小田原ビル 5F
0465-21-0357
http://odawara-l.com

●阪之上法律事務所
神奈川県小田原市本町2丁目1-3
0465-21-0068
http://sakanoue-lawoffice.com

●西湘法律事務所
神奈川県小田原市本町1丁目10-25 アオバビル 1F
0465-22-2678

●小田原三の丸法律事務所(弁護士法人)
神奈川県小田原市本町1丁目7-20
0465-24-3358

●内山法律事務所
神奈川県小田原市栄町1丁目14-52 MANAX 8F
0465-24-5445

●司法書士あさぬま事務所
神奈川県小田原市荻窪336-3
0465-42-9424
http://asanuma-office.com

●椎野正己司法書士法人
神奈川県小田原市栄町2丁目12-40
0465-21-1222

●田辺法律事務所
神奈川県小田原市栄町1丁目6-12
0465-24-1644

●佐藤和夫法律事務所
神奈川県小田原市本町1丁目3-16
0465-22-2462
http://legal-findoffice.com

●池田忠正法律事務所
神奈川県小田原市本町2丁目13-2
0465-22-8778

●野田順一司法書士事務所
神奈川県小田原市本町2丁目1-34
0465-24-1680

●こゆるぎ法務事務所
神奈川県小田原市栄町1丁目17-32
0465-21-1540

●加藤・長谷川法律事務所
神奈川県小田原市本町1丁目4-7 朝日生命小田原ビル 4F
0465-21-3121

●まちかど法律事務所
神奈川県小田原市本町2丁目1-3 HSビル 2F
0465-20-1115

●岸頼道司法書士事務所
神奈川県小田原市栄町1丁目10-6
0465-24-0373

●森本紗代司法書士事務所
神奈川県小田原市荻窪370-1
0465-43-9375

●小室司法書士事務所
神奈川県小田原市栄町2丁目8-33
0465-21-5593

小田原市にある地元の法務事務所・法律事務所の門をたたき、直接相談するのもよいと思います。
ただ、直接相談よりも、「診断シミュレーター」やインターネットでの無料相談の方が、相談しやすいという方も多いのではないでしょうか。

借金返済問題に小田原市在住で弱っている方

お金の借りすぎで返済が辛い、このような状態では気が気ではないでしょう。
いくつかのキャッシング会社やクレジットカード会社から借金をして多重債務の状態。
毎月の返済だけだと、利子を支払うのが精一杯。
これじゃ借金を完済するのは辛いでしょう。
自分一人では完済しようがない借金を抱えてしまったのならば、まずは法律事務所や法務事務所の門を叩いてみましょう。
司法書士・弁護士に、今の自分の状態を話して、打開案を探してもらいましょう。
最近では、相談無料で受け付けてくれる法律事務所や法務事務所もずいぶん増えてきたので、解決のため一歩を踏み出し、門をたたいてみませんか?

小田原市/借金の減額請求って、なに?|多重債務

多重債務などで、借り入れの返済が困難な実情に陥った場合に有効な方法のひとつが、任意整理です。
現状の借金の状況を再度確かめ、以前に利息の払いすぎなどがある場合、それらを請求する、または今現在の借入れと相殺をし、更に現在の借入において将来の利子を減額していただけるように相談できる進め方です。
ただ、借りていた元金に関しては、確実に返済をしていく事が前提であり、利息が少なくなった分、過去よりも短い期間での返済がベースとなってきます。
只、利子を払わなくて良い代わり、月々の払戻金額は圧縮されるので、負担は減る事が通常です。
只、借金をしてる信販会社などの金融業者がこのこれから先の金利に関しての減額請求に対処してくれなければ、任意整理は出来ないでしょう。
弁護士の方に頼めば、間違いなく減額請求ができると考える方もいるかもわからないが、対処は業者により多種多様であって、対応しない業者と言うのも有ります。
ただ、減額請求に応じてくれない業者は極少数です。
したがって、実際に任意整理を行い、クレジット会社などの金融業者に減額請求を行う事で、借入れの心配がずいぶん少なくなるという方は少なくありません。
現に任意整理が可能なのだろうか、どの程度、借金の支払いが軽減される等は、先ず弁護士さん等その分野に詳しい人に頼んでみると言う事がお奨めなのです。

小田原市|自己破産にあるリスクってどんなもの?/多重債務

率直に言えば世間一般で言われる程自己破産のリスクは少ないです。土地・マイホーム・高価な車など高価値の物は処分されるのですが、生活していくなかで必要な物は処分されないのです。
又二十万円以下の貯金も持っていてよいのです。それと当面数か月分の生活費用一〇〇万円未満なら没収されることはないでしょう。
官報に破産者のリストとして記載されるがこれも極一部の人しか目にしません。
又俗に言うブラックリストに記載されしまい7年間ほどの間ローンやキャッシングが使用できない現状となるが、これは仕方のないことです。
あと定められた職に就職できないと言うこともあるでしょう。しかしこれも極わずかな限られた範囲の職種なのです。
したがいまして債務超過で返す事の不可能な借金を抱え込んでるのなら自己破産を行うと言うのもひとつの方法なのです。自己破産をした場合これまでの借金が全くなくなり、新しく人生をスタートできると言う事でよい点の方が多いと思われます。
また自己破産者は公法上の資格制限として司法書士や弁護士や公認会計士や税理士等の資格は停止されるのです。私法上の資格制限として後見人、遺言執行者、保証人にもなれないでしょう。また会社の取締役等にもなれません。しかしこれらのリスクはあまり関係ないときが多いのではないでしょうか。リスクはあまり大きな物ではないはずです。

関連ページ